スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『安房のしじら織』を着てみました。

日頃お世話になっている着物屋さんに、
「何かに使ってね」と
青い格子柄のお着物を戴きました。

青しじら織笑

有り難うございます(;;)

まずは着心地をチェック…という言い訳は置いといて、
あまりに気に入って、早速試着。
写真には写せませんでしたが、
カジュアルな黄色の半幅帯を合わせています(調子に乗ってピース☆)。

青しじら織ピース

それにしても単(ひとえ)仕立てのこのお着物(最初は「ウールかな?」と思っていました)。
そのカジュアルなビジュアルも相まって、
「すごく丈夫そうだし、これなら昔の人みたいにがんがんコタツに入ったりして普段の生活しても
大丈夫そう~]

と、

“いかに気を使わず普段着として日常的に着物を着るか”

を人生の命題のひとつにしている私は、胸を躍らせておりました
(しかしこの「コタツ」という野望は季節的には適さないことが後に判明したのですがw)

そのうえ羽織ってみると、なんだか不思議な軟らかさを持っていて。
着付けの時きつく引っ張りすぎると、伸びてしまわないかな?
と心配になってしまうほど。
適度な堅さや張りはあるのに、不思議なくらい身体にひたひたっとやわらかくくっついて来ます。

こんなに着付けがしやすい着物はあんまりないかも
(そのままお茶のお稽古に行ったら、先生に「ようやく着物の着方が上達したわね~!」と絶賛
されました笑←先生…ごめんなさい他の着物着たらまた元のレベルに戻るかもしれません^^;)

そしてそして、この『格子』というよりは『チェック』と呼んでしまいたいような、
現代的で可愛いらしいビジュアル!

コーディネートもしやすそうだし、
まるでチェックのシャツやワンピースを着る感覚ではないですか☆

一体、新しいもの?伝統的なもの?
と目がはてなになり(??)←こんな感じ、

『安房のしじら織』という着物屋さんに教えていただいた
名前をヒントに検索してみると。

  ~以下抜粋~

しじら織の起りは、
江戸時代の末期に徳島に住む、海部ハナという機織の上手な人が、織り上げた反物を戸外に出していたところ、突然の雨でシワだらけになってしまいました。

ところが乾くと、今まで見たこともないような凹凸がこの布にできていました。
このまったくの偶然からヒントを得たハナ女は、
その後工夫を重ねて、呉服商の阿部重兵衛と共同でしじら織をつくりあげたといいます。
正式に阿波しじら織という名がつけられたのは、明治2年(1869)です。


その後、阿波特産の本藍で染めた阿波しじらは、肌触りのよさから夏の普段着として愛用され、
明治27年には型染めのものが、同38年には広幅のものが生産され、海外にも輸出されました。
ところが大正になって、藍の主成分であるインジゴの科学染料が工業化されたことで衰退の一途をたどります。
         毎日新聞 織物の旅より<一部抜粋>

なるほど、張りがあるのにやわらかい、
あのくせになりそうな独特の風合いを出すには、やはり工夫があったのですね~

現在は5軒の機屋さんが伝統技術を守り、商品改良に努力されているそうです。




P.S.

他にもしじら織の画像を検索してみると、
出てくる出てくる!!可愛い色柄が一杯

しじらタータン赤
↑赤いタータンチェック風♪とか・・・
しじら爽やかチェック
↑サマードレスに使われていそうなマドラスチェック柄とか・・・
しじらランチョン風
↑雑貨屋さんで売ってるランチョンマットみたいな色合い♪とか・・・
しじら縞
↑ちょっぴりだけ、しぶカワ系の縞とかとか・・・・

とにかく好みなラインナップ
特にチェックに心引かれる年代だということもあるのでしょうか・・・(藤井郁弥さん、
大好きでした←今の世代の方には分かりかねますか?)
「夏の普段着用」ということなので、サマーワンピ感覚で着たい一枚です!


・・・・・・現代は暖房も発達してるし、重ね着して冬にも・・・・
コタツ・・・だめですかね←なんとしても今すぐ着たい(笑)







鯛焼き三昧。 

最近、鯛焼きにはまっています。

アップルカスタ鯛焼き
↑駅中にある『鯛焼三昧』さんのアップルシナモン鯛焼き。
あつあつの甘くてとろけそうなカスタードクリームの中にりんごの角切りがたっぷり。
尻尾の部分にはレーズンのトッピングも!

ぷくぷく鯛焼き

↑meitoさんの「ぷくぷく鯛焼き」は皮がウエハース生地、中は名古屋名物あんトーストを
イメージした小倉バター風エアインチョコのお菓子♪
me
それを夜中に頂く自分…(うまうま)
色々研究して、絶対金魚焼を焼くぞ!






金魚亭、新年会に出張の巻

出張お抹茶カフェin士(さむらい)業新年会 2011.1.14


先日新潟駅前のイベントスペースで行なわれた士(さむらい)業の皆さんの
新年会に、お抹茶カフェで出張して参りました☆

ところで、行政書士さんや会計士さんといった士の字の付く職業の方を
「さむらい業」と言うんですね~。
恥ずかしながら私今回、初めて知りました(最初、本当に侍が集まるのかと…)。

いわゆる『流しのお抹茶屋』状態で(笑)、
新年会のメニューとは別にお抹茶をご注文頂いて、
点てさせて(或いご希望の方にはご自分で点てて)頂きました。

新年会1新年会2DSCF2280.jpgDSCF2282.jpg

今回、普通の新年会にお邪魔させて頂いたのは初めての経験。
全く注文がなかったらどうしよう、という不安にさいなまれながら
突然お邪魔させて頂いたのにも関わらず、
ノリの良いお優しい皆様、全員の方にご注文頂けて…
感謝感涙でございます(T T)

 本当に有り難うございました!!!!


ちなみに今回のお抹茶は宇治天皇賞受賞の最高級寺川製、
お菓子は桜のお饅頭を使わせて頂きました。



小正月。

年中行事をやってみる 2011.1.15
ぷち小正月。

1月15日は小正月。
別名「女正月」とも言われ、
お正月に親戚のおもてなしなどで疲れた
女性達初めてゆっくり休める日、と言われています。

この日は繭玉を飾ります。

繭玉は旧月潟村「多屋」さんのもの。
手作りで一個一個焼いて、丁寧に色付けされているんです。
まゆだま



初釜。

年中行事をやってみる 2011.1.12
初釜。

一年の最初に行なわれるお茶会を「初釜」といいます。

毎年行なわれるお茶の先生のお席の、お手伝いに行って参りました(^^)

お床に飾られていたのは、(※1)

お軸
「松青寿色多」(せいしょうじゅしょくおおし)。
一年中決して変わることなく
青々とした松の葉の色からは生命力を感じられる事から、
おめでたい席によく使われる言葉だそうです。

お花
椿
可愛らしくかつ華やかな中にも、凛とした美しさ。
雪の中、淡いピンク色のものが
先生のお庭に咲いていたそうです先生のお庭には一年中
茶花が絶えなくて…憧れます。

香合
茄子(何と本物を漆で仕上げたものだそうです!
新潟県人には見慣れた、茄子漬のようなあの深い深い紫の光沢が
触るときゅツと音をたてそうで。
へたの部分にだけ、上品に金箔がまぶしてあり…
本当に本当に美しくて見とれていました)。
 「一富士、二鷹、三なすび」から※(2)

本当は作者とか色々説明があったのですが覚えているのがこの位ですいません(^^;

お菓子もうさぎを象ったものですご~くすご~く可愛かったのですが、
写真に撮れなくて残念(;;)


初釜2011
着物は初釜にふさわしく、皆さんいつものお茶会より心なしか
華やかな装いが多くて晴れやかな気持ちになりました(^^)
自分のは地味ですが、母が無地の着物を染め直した(良く見るとうっすら)桜柄(※2)を。
   それにしてもお正月太りの平均は0.68キロとか(ウエザーニュース調べ:の又聞き)。
      自分は…………新年もこんにゃくダイエットしよか…


(※1)お茶室に入ってお客さんが最初に必ず見る『床の間』に飾るのは、
「お軸」「香合」「お花」の3点です。

(※2)桜の着物は新年から新潟では4月頃までしか着られないので贅沢と言いますが、
国花なので一年中着られるという説もありますよね。

(※3)「三なすび」の由来
大願成就説/  
日本一の山「富士山」、賢くて強い鳥「鷹」、大願を『成す』で「なす」
徳川家康の好んだもの/  
富士山、鷹狩り、初物のなす
駿河の国の高いものの順 / 
富士山、愛鷹山(あしたかやまの事で鳥ではない)、初物のなすの値段
縁起のよいもの(こと)の語呂合わせ  
富士は無事、鷹は高い、なすは「事を成す」



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。