スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

着物でお出かけ!

先日の日曜日、私の敬愛するお着物友達のなおみさんみむさん
お誘いを受け、お花見に出かけました

NEXT21の前で「三条」から「参上」の(だ洒落~)
なおみちゃん&みむちゃんと待ち合わせ、まずはNEXTのお店を散策

早速、4階で見つけたフォトジェニックなスポットで写真撮影(笑)
みむさん(左)、なおみさん(右)。

next2

NEXT3

next



その後雑貨屋さんで買い物を楽しみ、

買い物1


楽しみ、

買い物2




楽しみ

買い物3



さらには着物好きの同士ならでは、
お互い今日のコーデをチェックして
相談の上、一日だけ羽織を交換する事に(笑)


交換

「ユニフォームの交換です!!」




さて、そんなこんなで遊んだ後は営所通りにある
喫茶店メイフェアさんへ。
優しく素敵な店長さんに写真を撮って頂きました

三人inメイフェア

 ↑私が持っているのは、(おそらく見えないと思うのですが^^;)
あんみつセットに出された箸置きで、なんと鯛焼き型なんです♪
凄くリアルで(脇からあんこがちょっぴりはみ出ているのとか…)可愛いかった

 みむさんが頼んだケーキセットのお皿には、

メイフェアみむさん

ソースがパンダで……!
みむさん、しばし「食べれない…」とじっと見つめておられました(笑)

ケーキセット


 そして、なおみちゃんのスコーンセットのお皿に描かれていたのはうさぎちゃん!!!
「可愛い~~~」♪♪♪思わず笑顔に!

メイフェアなおみちゃん2

ひとしきり鑑賞後した後は、もちろん皆美味しく頂きました(笑)




その後偶然の一致的なタイミングで通りかかったなおみちゃんの
妹さん&ダーリンも合流(*^^*)

さまざまなお喋りをした後で、楽しかったメイフェアさんを後にし、


途中でまた記念写真を撮影したりしながら(笑)、

三人&街灯

 無理矢理ポーズもお願いしたり致しまして…、(笑)
みむさん&街灯

古町七番町の着物屋さん、和genさんに☆



気付けばもうかなりの時間!

雨もぱらついていまして、今回は信濃川のやすらぎ亭または白山公園まで
歩いて移動する予定していたお花見はやめることになりました(^^;

それでも十分充実していたので。・.(*^^*)・。*大満足♪♪♪

企画してくれたなおみちゃん、みむちゃん、
本当にありがとうございました

三条まで高速バスで帰路につかれるお二人と別れ、

私は戦場カメラマンの講演に…これについてはまた後に詳しく



























スポンサーサイト

『安房のしじら織』を着てみました。

日頃お世話になっている着物屋さんに、
「何かに使ってね」と
青い格子柄のお着物を戴きました。

青しじら織笑

有り難うございます(;;)

まずは着心地をチェック…という言い訳は置いといて、
あまりに気に入って、早速試着。
写真には写せませんでしたが、
カジュアルな黄色の半幅帯を合わせています(調子に乗ってピース☆)。

青しじら織ピース

それにしても単(ひとえ)仕立てのこのお着物(最初は「ウールかな?」と思っていました)。
そのカジュアルなビジュアルも相まって、
「すごく丈夫そうだし、これなら昔の人みたいにがんがんコタツに入ったりして普段の生活しても
大丈夫そう~]

と、

“いかに気を使わず普段着として日常的に着物を着るか”

を人生の命題のひとつにしている私は、胸を躍らせておりました
(しかしこの「コタツ」という野望は季節的には適さないことが後に判明したのですがw)

そのうえ羽織ってみると、なんだか不思議な軟らかさを持っていて。
着付けの時きつく引っ張りすぎると、伸びてしまわないかな?
と心配になってしまうほど。
適度な堅さや張りはあるのに、不思議なくらい身体にひたひたっとやわらかくくっついて来ます。

こんなに着付けがしやすい着物はあんまりないかも
(そのままお茶のお稽古に行ったら、先生に「ようやく着物の着方が上達したわね~!」と絶賛
されました笑←先生…ごめんなさい他の着物着たらまた元のレベルに戻るかもしれません^^;)

そしてそして、この『格子』というよりは『チェック』と呼んでしまいたいような、
現代的で可愛いらしいビジュアル!

コーディネートもしやすそうだし、
まるでチェックのシャツやワンピースを着る感覚ではないですか☆

一体、新しいもの?伝統的なもの?
と目がはてなになり(??)←こんな感じ、

『安房のしじら織』という着物屋さんに教えていただいた
名前をヒントに検索してみると。

  ~以下抜粋~

しじら織の起りは、
江戸時代の末期に徳島に住む、海部ハナという機織の上手な人が、織り上げた反物を戸外に出していたところ、突然の雨でシワだらけになってしまいました。

ところが乾くと、今まで見たこともないような凹凸がこの布にできていました。
このまったくの偶然からヒントを得たハナ女は、
その後工夫を重ねて、呉服商の阿部重兵衛と共同でしじら織をつくりあげたといいます。
正式に阿波しじら織という名がつけられたのは、明治2年(1869)です。


その後、阿波特産の本藍で染めた阿波しじらは、肌触りのよさから夏の普段着として愛用され、
明治27年には型染めのものが、同38年には広幅のものが生産され、海外にも輸出されました。
ところが大正になって、藍の主成分であるインジゴの科学染料が工業化されたことで衰退の一途をたどります。
         毎日新聞 織物の旅より<一部抜粋>

なるほど、張りがあるのにやわらかい、
あのくせになりそうな独特の風合いを出すには、やはり工夫があったのですね~

現在は5軒の機屋さんが伝統技術を守り、商品改良に努力されているそうです。




P.S.

他にもしじら織の画像を検索してみると、
出てくる出てくる!!可愛い色柄が一杯

しじらタータン赤
↑赤いタータンチェック風♪とか・・・
しじら爽やかチェック
↑サマードレスに使われていそうなマドラスチェック柄とか・・・
しじらランチョン風
↑雑貨屋さんで売ってるランチョンマットみたいな色合い♪とか・・・
しじら縞
↑ちょっぴりだけ、しぶカワ系の縞とかとか・・・・

とにかく好みなラインナップ
特にチェックに心引かれる年代だということもあるのでしょうか・・・(藤井郁弥さん、
大好きでした←今の世代の方には分かりかねますか?)
「夏の普段着用」ということなので、サマーワンピ感覚で着たい一枚です!


・・・・・・現代は暖房も発達してるし、重ね着して冬にも・・・・
コタツ・・・だめですかね←なんとしても今すぐ着たい(笑)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。