スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前回好評の「英語で茶道紹介」を再び開催致します♪

オーロラチラシ3

<チラシを別ウインドウで開く (画像をクリックしてもらうことで拡大します)>

 オーロラ外国語教室の本田校長先生のご主人は新大茶道部で
長年石州流を教えていらっしゃり、お茶会を紹介する書籍も出版されています。

 また出張お茶会セットを用いてのお茶会デモンストレーションと、
簡単なまじめぐ英語が日本人にも外国人にも分かりやすいと好評です(笑)!

お申し込み・お問い合わせはこちらのブログ、
またはFacebookでも受け付けています(*^^*)。
スポンサーサイト

Let's Learn Japanese Culture!! 2

前回に引き続き、Let's Learn Japanese Culture!!
二回目の様子です(^^)

まずはプリントで前回の復習をして・・・
復習1
茶筅など、道具の名前も確認☆
復習2

そして今回秘密兵器として初登場したのが

ちらっ(^^*)←もったいぶるな(笑)
じゃじゃ~~~ん

露地

構想(自分なりに)3~4年
お茶会の仕組みの
デモンストレーションせっと~~~

ひゅ~ひゅ~パチパチパチ 
改良の余地もあるにはありますが、今回は実現できて自画自賛の自己満足(笑)

お茶室に続く庭、露地の仕組みや秘密をいっぱいごとちりばめてあります

さらに5~7名様(畳の数を増やせばもっと大人数でも可能)を対象に
お茶会の形式の流れを体験して頂くことで、
お茶会の流れを一通り学んで頂く事が出来ます。

お茶会デモンストレーション2

どうぞ皆様、お気軽なイベントなどにも呼んで下さい(日本語でも英語でもOK)

一度御覧頂いてご参加頂けば、今度から
各地で行なわれているお茶会に気軽にお入り頂ける事請け合いです

気軽にお茶文化に触れていただく機会が増えればいいと願います
外国の方にも説明してあげられるといいですね

次回4月30日(土)と5月14日(土)15:30~17:30を予定しています。
詳細は追ってご連絡させて頂きますね(^^)

また、実践編として5月22日(日)新大茶道部お茶会燕喜館で行なわれるので
是非皆さんで参加しましょうね

Let’s Learn Japanese Culture!!

4月2日と16日の2回に渡り、

オーロラ外国語教室さんで
Let’s Learn Japanese Culture!!(^^)
と題して、
英語で日本文化を紹介
するクラスをやらせて頂きました♪

一回目の内容は
茶道具を英語で説明させて頂いたり、

sadougu2

お菓子とお抹茶の頂き方を練習して頂いたり。

お菓子頂き方

お抹茶の頂き方

皆さんの自己紹介も交えて、和気あいあいと
アットホームに行われました(^^*)


二回目の紹介に続く







肉まん作り教室

お世話になっている方が主催されている
NPO法人国際交流連絡会さんの『肉まん作り講習会』に行って参りました。

肉まんは大好物
(コンビニのレジの脇に肉まんが並ぶと、どちらかというと苦手な寒い
季節も楽しみになるので助かっています。
私にとって秋の入り口を感じさせる季語、NO.1かもしれません)

今回は二十数名分の肉まんを作るとあって、皆で手分け。

 素敵な出会いが沢山たくさんありました感謝

調理で特徴的だったのは『十三香』という
その名の通り、様々な中国の香辛料(生姜、ナツメグ、丁子など…)を入れること
ほんのりとスパイシーな香りがして、これが入るとぐっと本場中華風になります

写真はずらり並んだ蒸す前の肉まん・・・
大きさや形が個性豊かです(^^;
中国の先生の作られたのは上手なんですが^^;
肉まん
バタバタしながら撮影したので、右上の台ふきんも丸まって
肉まんみたいですね…本当に余談ですが。

食べかけでごめんなさい…
他には春雨のサラダ、豆腐とピータンのお惣菜(写真には写っていないのですが先生が作って下さいました、
おから風でヘルシーで、家庭料理の代表格なんだろうな)、そして塩漬け卵はなんとカニ味噌の味←凄い贅沢、得した気分
肉まん教室完成

今日、急遽入院されて来る事が出来なかった大好きな中国の女性に、
お見舞いとして持って行きました。
そして、お互いに共通する夢を語り合いました。
広蘇州、必ず皆で行こう(^^)!!

鯛焼き三昧。 

最近、鯛焼きにはまっています。

アップルカスタ鯛焼き
↑駅中にある『鯛焼三昧』さんのアップルシナモン鯛焼き。
あつあつの甘くてとろけそうなカスタードクリームの中にりんごの角切りがたっぷり。
尻尾の部分にはレーズンのトッピングも!

ぷくぷく鯛焼き

↑meitoさんの「ぷくぷく鯛焼き」は皮がウエハース生地、中は名古屋名物あんトーストを
イメージした小倉バター風エアインチョコのお菓子♪
me
それを夜中に頂く自分…(うまうま)
色々研究して、絶対金魚焼を焼くぞ!






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。